飲食店のメニューブックの価格や、コストを抑えることは、素材の品質を落としたり、また、従業員やスタッフ等の人件費の削減などが、そこにあっては、なかなかお店の経営は難しいなどとされています。もちろんコストパフォーマンスとして、お料理の価格やコストを抑えることは、お客様へのアピールとして重要なことですが、だからといって、素材の品質を明らかに落としてしまったり、従業員やスタッフ等の人件費に影響があるようでは、メリットのあるメニューブックの改良開発にはつながってこないでしょう。お料理の品質を落とすことなく、また、スタッフや従業員の人件費を削減することなく、どのようにしたら、バランスの取れた飲食店経営が行えるのかどうかといったような設計や、計算をすることが、何よりも飲食店オーナーに求められてくる資質となるのです。皆さんが逆に、お店を訪れるお客様だとして、メニューブックを開いた時に、価格やコストが抑えられていても、出てきたお料理にがっかりしてしまっては、また、同じお店を訪れようとは思いませんよね。従業員なども同じです。自分自身が、一生懸命働いた成果を、賃金として十分にいただくことは、現場で働くスタッフや従業員にとって、何よりも大切なことであるのです。そのような理解を示す飲食店経営のオーナーが、何よりもその要素として重要となってくるでしょう。

Restaurant owner’s hostel>サイトトップへ