飲食店で女性がワインを嗜む際に、お気をつけいただきたいのがグラスの口紅やリップの跡です。お化粧をしているのですから、グラスに口紅などの跡が残るのは仕方のないことですが、ポイントはグラスの一か所を意識して口を付けることです。意識せずにグラスの縁の方々からワインを口にしてしまうと一緒にお食事をされている方々にとって、口紅だらけの見苦しいワイングラスがテーブル上にあることになってしまいます。グラスに付いた口紅をナフキンなどで拭う方もいらっしゃいますが、グラスに口を付けた際に毎回、ナフキンでグラスを磨くように口紅を拭うことになってしまうのでナフキンではなく、簡単にご自身の指を使ってグラスに残った口紅を落としましょう。手に残った口紅をナフキンで拭いてしまえば、オバーアクションにならずに済むはずです。最近はリップクリームなどで保湿を行う男性もいらっしゃいますので、容量は同じことです。また、口紅などのお化粧品ではなく、お料理によっては脂分が多いものを召し上がったあとなどに、グラスに口を付けますと油分が残ることがありますので、口紅を落とす容量でグラスをキレイに保つことを忘れないようにしましょう。