居酒屋のメニューブックなどを開いてみると、その価格帯に、特徴を感じることはありませんか?

例えば皆さんは、500円と掲載されているお料理と490円と掲載されているお料理に感じるコストパフォーマンスはどんな変化があるでしょうか?

このような形でメ、ニューブックに掲載するお料理の価格帯にお客様側から見た「価値」を生み出すテクニックには様々な手法があるようです。

このような微妙な価格帯のテクニックを駆使することで、メニューブックに掲載されているお料理や、価格などにバランスを調節していくことでお店の売り上げを左右していくといった店舗経営における工夫が何よりも重要視されています。

お客様に、お店のアピールをする中で、何よりもその「価値」を生み出してもらえることが、店舗経営の中においては、重要な観点とされているようです。

実際に、流行りのお店などを訪れてみると、様々な工夫が随所に見られるはずです。飲食店を経営する中で、様々な試行錯誤を重ねた工夫が、お客様サイドとしての「価値」となり、リピーターとしての集客数を高めていくことができるのではないでしょうか。

Restaurant owner’s hostel>サイトトップへ